スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立春

2009年02月09日 17:31

2009.
照例唠叨作为纪念.
人越大,过年越没有感觉.

小时候,学校早早放假,街上格外热闹.写春联的,卖玩具的,卖酥糖的,卖年画的闹得鸡犬不宁.腊月24的小年饭,28的生日兼大年饭,30早起上坟回家一家人轮流洗澡.春晚笑声绽放时,父母已经端坐在客厅开始包饺子了.初一照例在爷爷家度过,经常运气好碰上下雪,写日记里便要照例虚伪赞美瑞雪兆丰年,打雪仗的时候还可以脸不红心不跳丢出内藏鞭炮的大杀器.春节轮家吃饭一直要闹到正月十五的高潮.到了这天,全城的人都会挤到路边,白天各单位都会组织很诡异的花车游行,晚上则是满城的灯海和满地的人.晚上回家的时候,身上是一定有鞋印的.

这些记忆很遥远,但是很真实.以至于我写上面那段废话的时候,脸上都会露出诡异的笑容.

今年全家来重庆过的新年.30晚上电视前依旧笑声绽放,窗外烟花鞭炮仍然歇斯底里.我坐在电脑前面,看着被不断照亮的窗外,心里突然惶恐起来:这便是过年了么?

手机不停的在响,每个群里都在刷屏,就连山口山里都有穿着旗袍的牛头人在一边往地上扔鞭炮一边跟我说新年好.

我却依然迷茫,这怎么是过年呢?
スポンサーサイト


コメント

  1. 美咲☆彡 | URL | 7di3CiSc

    10GOOD!!


    おもしろいですねww

    また来ますぅ~♪♪
    (≧∇≦)/☆彡

    http://mogura99.net/mogu_s/5y56n/

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kyolizlee.blog72.fc2.com/tb.php/25-cc75d94c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。